お見合い結婚に抵抗を感じるますか?
「お見合い結婚」何か抜けてませんか?

これから婚活を始める方や、活動し始めたばかりの方から
お見合いしてOKなら即結婚
という印象を持たれていることに、驚いてしまいました。

古き良き日本では、親同士が決めたお見合いで結婚する文化もありましたが
時代は平成です。
お見合い=結婚、そんな訳はありません。

お見合いは、今や出逢いの手段の一つです。
出逢うまでにお相手の家庭環境やお仕事など、カウンセラーから見た第三者目線を含め
ある程度の情報が見られるというのが、結婚相談所の良いところ。

その上でお見合いをして出逢い、交際に進んだ場合
そこからちゃんと、お相手との恋愛を育んでいってほしいと願っています。

会員としてご登録頂いて、お見合いまでの出逢いをサポートするだけならば、
ネット婚活で充分ですよね。
ですが、結婚相談所は『成婚』を目指して頂くところ

出逢ったばかりのお二人が、『成婚』に向けてのお付き合いに入るわけですから
ぎこちなく始まることも当然です。

お互いに『成婚』を意識していても、交際スタート時はお友達といった感覚でも仕方ないですよね。
そこから、交際の数か月で恋人になっていくとなれば、
思うようにいかなかったり
迷ってしまったり
それでも、目安となる期間で結論を出して進めていくにはサポートも大切だと思いませんか?

答えを出すのはご本人。

ご本人が答えを出しやすいよう、
お話を伺い意見をお伝えしたり
違う視点をお伝えしたり

交際から真剣交際、この数か月にしっかりお相手と恋愛関係を育んで頂けるようにご一緒すること
実はそれが、カウンセラーの本来の存在意義です。

交際期間に1年2年とかけられない、お見合い後の時間。
「忙しいから」や「少し様子見る」などと言っているとあっという間に時間が過ぎて
交際お見送り、なんてことになりかねません。

数か月の期間だからこそ、
お二人の関係を育み、恋愛をして、

お見合いで出逢って、恋愛をして、ご成婚

いわば、「お見合い結婚」ではなくお見合い恋愛結婚だと思って頂きたいです。

出逢うまでが婚活、ではなく
出逢って育んで成婚して、婚活は終わります。

そのために、結婚相談所のカウンセラーを秘書のようなあなたの右腕として
成婚の日までフル活用してください。

婚活を頑張る方の力になれますよう、まずは一歩目のご連絡をお待ちしています。