信頼ある関係をどれだけ持っていますか?

仕事、友人、家族、どんな人間関係でも、信頼がある相手との関係は強いですよね。

信頼ある関係は、実は既婚者がモテると言われる理由に繋がっていたりします。
既婚者やがモテるようになったのはなぜでしょうか。

意見をまとめると多いのは
・余裕を感じる
・帰る場所を持ってる落ち着き
・守るものがある強さ

独身貴族という言葉が死語になりつつありますが、
「結婚している人だから安心して飲みに行ける」(そうでない方もまれにいますが)とか
すでにパートナーがいる人だから安心という意見もあります。
そして、家族を大切にしている、パートナーと円満、といった一面を感じると、絶妙なモテ力になるようです。
しかし残念ながら、素敵な紳士/淑女にとって既婚者は婚活や恋愛の対象外なので、モテるの意味が少々違いますかね。。。

既婚者に学ぶ「落ち着き」「強さ」は、仕事の場面でも信頼されやすい。
特に男性で会社勤めの方は、上司からの「身を固めろ」という言葉に心当たりありませんか?
家庭を持ってプライベートが安定すると、仕事上の信頼も得やすいということですね。

疑い深くなりすぎるのは良くないですが、ご自身やご自身の周りの大切な人間関係を守るためにも「信頼」って大切ですね。

以前に名刺交換をさせて頂いた方から、何度かこんなお話を頂いたことがあります。
「あなたやあなたの人脈が、知人の事業にピッタリなのでご紹介しても良いでしょうか」

どう思いますか?

その場での私の答えはNOです。
本来であれば、サービスや事業が何であるかをまず聞かせて頂くところですよね…
でもその前に、まずはご紹介したいと言って下さってる方がどんな方か、お話をよくしてみるのが先ですよね。

あまりよく知らない方や一度お話をしておや?と思う方に、大切な友人知人をお客様にとご紹介できますか?

ご紹介下さる方がどういう方かということも重要ですが、
まずはご紹介を繋ぐ方との信頼関係があるかどうかも大切ですよね。
どんな方なのかお話をさせて頂いたり、日頃のやりとりがあって
「この方なら自分の友達や知り合いにもご紹介したいな」
と、思うことから人の繋がりって広がりますよね。
関わる人が増えれば増えるほど、信頼関係が求められます。
そもそもの1対1のところに、信頼関係が築けていない状態ではどうにもなりません。

これは会員様と婚活カウンセラーでも同じだと思うんです。
実際に婚活を進める会員様にとって、結婚相談所のカウンセラーは人生のパートナー探しをご一緒するバディーのような存在です。
それなのにカウンセラーを信頼できなかったら…
幸せが見つかりそうだと思えないですよね。

カウンセラーも人ですから、お客様にとって合う・合わないは感じられることもあるでしょう。
そして、婚活カウンセラーにはいまだ圧倒的に女性が多いので、男性にとっては話ずらいと思われることもあるかもしれません。
ですが、男性にとって女性カウンセラーだから強い味方になることも沢山あります。

例えば、私の場合でお話しすると
男性が多い職場や趣味を過ごしてきているので、既婚未婚共に男性の友人も多く男性目線もできたりします。
一方で、一応(?)女性なので女性としての男性に対する意見や考えからセッションすることもできます。
こうした中性的立ち位置が、男性婚活のサポートに最適だと思っている理由なんです。

そんな視点で、男性がモテる結婚相談所での婚活、行動されてみてはいかがでしょうか?
お話してみることからあなたに合ったバディーを選んで頂き、信頼できるカウンセラーと一緒に婚活を進めて下さいね。

信頼で見つけるパートナーと、絶妙なモテ力で幸せになって下さい!