Blog

【モテ寄せ】素直になれたら【Radiant】

男性でも女性でも、『可愛げ』がある人ってモテますよね。
少々遠慮が足りなくても、恥ずかしがらずに素直でいられる人は明るい印象を与えます。

年齢を重ねると、それだけいろいろな経験の記憶が邪魔をして

◦遠慮しすぎる
◦素直になれない
◦恥ずかしい

知り合って間もないお相手には、特にやりがちな行動です。
「素直じゃないな~」が可愛く見えることも全くない訳ではありませんが、
「素直じゃなくて、可愛げがない!」がほとんどです。

素直に話したい、素直に接したい
素直になれたらなぁ
と、思っているのにできないという経験ありませんか?

恋人や友達に素直に「ありがとう」や「ごめんね」が言えるとか
結婚してお相手と末永く安らぎの家庭を築いていくには、素直に行動するはとても大切。

とはいっても急に素直になるのは難しい。
ですが、素直の出し方を変えて拗らせない、挽回の言葉があります。

例えば、
「忙しくて連絡できなかったけど、もう少し連絡入れるよう努力してみるね
「この仕事はこうすると上手くいくんですね、次から努力してみます

このように、伝えたい内容の最後に『努力してみる』を付けてみて下さい。
ネガティブな状況にあっても、次は少し違うかも?という前向きな会話として伝わります。
単独で『努力してみる』を言っても良いと思いますが、少し思ってることを付け加えると効果的!

伝えたいことはあるけど上手く伝えられない・・・モジモジしますよね。
自分が伝えたいことを短くして、前向きに努力する姿勢を付け加えることで、【素直さ】は伝わります。
つい自分が思っていることだけを言いたくなったり、ただ黙っているだけでは要らない問題を作りかねません。
特に不愉快なことがあると、言葉に出さずに黙ってやり過ごすという人はとても多いです。
しかし、それでは先に長く続く人間関係の中で
「あの時はこうだった」とか
「黙ってたけどほんとは・・」なんて、過去を持ち出したくなったりします。

伝えたいことやそうなった事情を短くして、相手の意見を尊重して『努力してみるよ』を付けることで
”黙ってやり過ごす”というしこりを残しません。

注意してほしいのは、「努力してみる」を多用し過ぎて全く変化がないと逆効果です。
何度も言って、何度も同じだと、信用を無くすこともあるります。
少しづつ前進して変化を試みることはセットになると覚えておいてください。

その代わり、少しずつの前進が積み重なり相手に伝わると『努力してみるよ』の信用が劇的に上がって
「信用できる人」という安心感が、あなたのモテ期を引き寄せます。

 

素直さを表現するポイント

「紳士塾/淑女塾」のセッションでは、ざっくばらんにお話出来ます。

無料個別相談 Line@で受付けています♪