Blog

【俺モテ】気になる余韻【Radiant】

冷え込んできました。
街がクリスマスモードになりクリスマスツリー楽しいことが続きますね。

イベントが増えるこの時期、人が集まる場に足を向けて
しっかり俺モテ実践してみて下さい。

突然ですが、あなたは女性との会話で余韻を与えていますか?
会話を続かせにくい、苦手という方は特に意識してみて頂きたいところです。

前回の好イメージの話しにも共通する部分は多いですが、
好イメージはその場の印象
会話の余韻は場が終わった後、未来に残るものです。

例えば、
「そこ今度行ってみたいね。」や「一度見てみたいね。」
女性が話題にした場所や、やっていることにそれほど興味はなくても前向きな印象を与えます。
これは、その場の会話をキャッチボールにする好印象な会話です。

一方、クリスマスなどのイベントなどを先に控えて
「このイルミネーション、クリスマス当日に見たいよね?」
などの、同意を求める疑問を与えてみます。
これは、”自分はこういうのが好き”という主張と
”あなたはどう思う?”という問いかけを一度に出来ます。
少しの自己主張とやんわりとした疑問を与えると → 「ちょっと気になる」となりやすいんです。
また、先の予定に関係する会話なので、女性としては「その日に会えるのかも?」という余韻が残ります。
はっきりとお誘いしていなくても、あなたを気にしている女性であればちょっと期待します。
女性がまだあなたを意識していなくても、お誘いがあるのかなという引っかかりを残します。

「ちょっと気になる」の余韻は長続きはしません。
本当にお誘いしようと思っているお相手であれば、あまり間を置かずにお誘いするのが良いです。

余韻を残す会話で気を付けて頂きたいのは、
先の話をしたりお誘いに繋がるような話が多くなるので、その後に放ったらかしが続くと「この人は信用できない」と逆に印象を悪くしてしまう可能性があるということ。

会話の一つとして、なるべくモテたいお相手に限り、お話してみて下さい。

最初は意識してやっていることも、回数が増えれば癖になります。
自然にさりげなく会話に取り入れられるよう意識してみて下さいね、

気になる余韻を匂わせてモテ出す法則「紳士塾/淑女塾」のセッションでやっています。

ご相談は 無料個別相談 へお気軽に

LINE@ご登録で、15分間の無料体験オンラインセッションをプレゼントしていますプレゼント