Blog

【パワースポット】東京大神宮【Radiant】

恋愛パワースポットとして有名な

東京大神宮

神社の神前で結婚式を挙げる「神前結婚式」を日本ではじめて行った神社です。
神前結婚式の歴史は明治33年
当時の皇太子殿下(のちの大正天皇)と九条節子姫(のちの貞明皇后)のご結婚の礼
が宮中の賢所(ご神前)で挙式が行われたことが始まり。
このご慶事の記念として、一般的の人々にむけた神前結婚式が創始されました。
今では日本人らしい挙式として普及し、伝統ある神聖な地で挙式をあげたい!
という女性も年々増えているそうです。
飯田橋駅から徒歩5分程の好アクセスも、訪れやすい人気な理由のひとつです。

日本最古の歴史書である『古事記』にも登場する〝むすび〟を司る三柱の神様。
天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
高御産巣日神(たかみむすびのかみ)
神産巣日神(かみむすびのかみ)       の総称です。

”むすび”を司る神様ですので、縁結びにご利益のある恋のパワースポットとして有名です。、良縁を願うという意味では、ビジネスの繁栄を願って参拝する方も多くなったそうです。
そのほかにも、家内安全・商売繁盛・厄除開運・交通安全・学業成就など
さまざまなご神徳もえられます。

大晦日には飯田橋の駅まで行列が伸びるほど人気で、待ち時間もかなりなものです。
参拝をお考えの際は、防寒をしっかりとされて下さいね。